借金と消費者金融

借金とは誰にとってもうれしいものではなく、あまり口に出して周りに公表できるようなものでもまたありません。
車や住宅を購入するための借金については、利用する人が多いため別口として、それ以外での借金というものについての印象は消費者金融からの借り入れがイメージされるものが多いようです。


かつては消費者金融を街金やサラ金と呼び、高い金利での借り入れ、返済のためのさらなる借金を繰り返し、返済が滞れば脅迫や住居侵入、業務妨害などの違法行為とも取れるような取り立てが行われていたサラ金地獄と呼ばれた時代のイメージが強いためでもあります。
この時代の背景には、バブル経済の崩壊もあり、経済的に苦しくなった消費者が増え、消費者金融の利用が伸び多重債務者が増えた事もあります。


「借りるほうが悪いのか、貸すほうが悪いのか」といった社会論争や、強引な取り立てによる自殺者を生むこの状況に、国は法の改正に動きだし、貸金業法を改正しました。
「貸付金額は年収の3分の1までのとする総量規制」や「上限金利が29.2%から借入金額に応じて15%から20%に引き下げられる」などが定められ、金利の上限が超えた分は過払い金として返還しなくてはならなくなり、莫大な過払い金を抱えた消費者金融は一気に業績が悪化し、撤退を余儀なくされました。


このような時代を経て、今では多重債務を抱えるような事になっても、法に基づいて債務整理をすれば、借金を整理し生活再建できるようになっています。


▼特選サイト
返済のためのさらなる借金を繰り返してしまっている方に無料で返済方法のアドバイスをしてくれるサイトです ⇒ 借金 返済

Copyright © 2014 借金がある時には All Rights Reserved.